English
会員ログイン
ロゴ

NPO法人日本火山学会・日本火山学会研究奨励賞・日本火山学会賞歴代受賞者リスト

日本火山学会賞

年度 番号 氏名 課題
2006 第01号 鹿児島県 火山活動にかかわる学者,防災行政関係者,住民の融合と火山との共生
2008 第02号 荒牧重雄 わが国における火山地質学の発展および火山学の社会的普及に対する貢献
2010 第03号 小屋口剛博 火山現象のモデル化
2011 第04号 巽 好幸 沈み込み帯のマグマ学研究への貢献
2014 第05号 藤井敏嗣 マグマ学の創設・発展,およびその火山噴火予知・火山防災への適用に関する研究
2015 第06号 林 信太郎 キッチン火山実験による火山学の啓発普及活動
2015 第07号 高橋栄一 高温高圧実験に基づくマグマの起源・地球の進化と火山活動の研究
2016 第08号 中田節也 火山噴火現象理解のための物質科学的研究
2018 第09号 寅丸敦志 マグマの発泡・結晶化の理論的研究に基づく火山噴火現象の解明

日本火山学会普及啓発賞

年度 番号 氏名 受賞対象
2017 第01号 千葉達朗,アジア航測株式会社 赤色立体地図による火山特有の地形の表現の確立と,それを用いた火山活動理解への貢献
2018 第02号 福島大輔,特定非営利活動法人桜島ミュージアム 活火山を舞台とするエコミュージアムの先駆的活動と火山学の多面的な社会還元の実践

日本火山学優秀学術賞

年度 番号 氏名 受賞対象
2017 第01号 下司信夫 マグマ上昇・貫入・噴火過程とカルデラ形成過程の地質学的研究
2018 第02号 奥村 聡 マグマレオロジーと火山噴火ダイナミクスに関する実験的研究

日本火山学会研究奨励賞

年度 番号 氏名 研究課題
2003 第01号 菅原 透 マグマの熱力学
2003 第02号 石塚 治 伊豆-小笠原弧の火山活動の時空分布及びマグマの起源物質の解明
2004 第03号 下司信夫 マグマ供給系の構造発達とマグマ進化
2005 第04号 市原美恵 気泡を含む粘弾性流体の力学とマグマのダイナミクスへの応用
2005 第05号 栗谷 豪 地殻におけるマグマの熱・物質進化過程の定量的解明
2006 第06号 宮坂瑞穂 伊豆諸島三宅島火山・西暦1469年以降のマグマ供給システムの構造と進化について
2006 第07号 竹内晋吾 火山噴火機構の物質科学的研究
2007 第08号 並木敦子 気泡を含む粘弾性流体アナログ物質を用いたマグマの発泡・破砕・噴火過程の研究
2007 第09号 奥村 聡 マグマの脱水・発泡に関する実験火山学的研究
2007 第10号 中道治久 地震波速度構造と震源メカニズムによる深部低周波地震の発生機構の解明
2008 第11号 横尾亮彦 火山噴火にともない発生する空気振動現象に関する研究
2008 第12号 前野 深 南九州鬼界カルデラにおける珪長質マグマ噴火のダイナミクス解明
2008 第13号 鈴木由希 噴火のマグマダイナミクスに関する物質科学的研究
2009 第14号 相沢広記 電磁気観測による火山浅部構造の研究
2009 第15号 寺田暁彦 独創的手作り観測による火山現象の熱学的研究
2010 第16号 山本 希 火山における地震波動現象の定量化に関する理論的研究
2011 第17号 鈴木雄治郎 大規模シミュレーションに基づく噴煙ダイナミクスの解明
2011 第18号 福島 洋 InSARを用いた火山変動検出と数値モデリングによるマグマ移動メカニズムの研究
2012 第19号 石橋秀巳 マグマの粘性と結晶化に関する研究
2013 第20号 小園誠史 火道流モデルの構築による噴火機構に関する研究
2014 第21号 三輪学央 火山噴出物の組織解析に基づく火山噴火機構の解明
2015 第22号 吉村俊平 火山噴火現象を支配する素過程についての実験的・理論的研究
2015 第23号 柵山徹也 背弧~超背弧域火成活動の成因に関する岩石学的・地球化学的研究
2015 第24号 前田裕太 火山性地震の波形解析に基づく流体移動と噴火過程の研究
2016 第25号 風早竜之介 火山ガス観測研究に基づく火山噴火機構の解明
2018 第26号 堀田耕平 複合地盤変動データに基づく桜島火山におけるマグマ蓄積移動過程の研究
2018 第27号 風間卓仁 重力観測を用いた火山性流体移動プロセスの把握およびその高精度化に関する研究

日本火山学会論文賞

年度 番号 氏名 論文名
2003 第01号 西 潔 Nishi,K.
A three-dimensional robust seismic ray tracer for volcanic regions. Earth Planet, Space, 53,101-109, 2001
2003 第02号 斉藤元治ほか Saito, G., Stimac, J. A., Kawanabe, Y. and Goff, F.
Mafic-felsic magma interaction at Satsuma-Iwojima volcano, Japan: Evidence from mafic inclusions in rhyolites. Earth Planet,Space,54,303-325, 2002
2003 第03号 為栗 健ほか TAMEGURI, T., IGUCHI, M., and ISHIHARA, K.
Mechanism of explosive eruptions from moment tensor analyses of explosion earthquakes at Sakurajima Volcano, Japan, 火山, 47, 197-215, 2002
2004 第04号 古屋正人ほか M.Furuya, S.Okubo, F.Kimata, R.Miyajima, I.Meilano, W.Sun, Y. Tanaka and T.Miyazaki
Mass budget of the magma flow in the 2000 volcano-seismic activity at Izu-islands,Japan.Earth Planets Space, Vol.55(No.7),pp.375-385.,2003.
2004 第05号 松嶋喜雄 Nobuo Matsushima
Mathematical simulation of magma-hydrothermal activity associated with the 1977 eruption of Usu volcano.Earth Planets Space, Vol.55(No.9),pp.559-568,2003.
2005 第06号 宮縁育夫ほか 宮縁育夫・星住英夫・渡辺一徳
阿蘇火山における更新世末期,AT火山灰以降のテフラ層序.火山,第49巻,第2号, 51-64., 2004
2006 第07号 西村太志ほか Takeshi Nishimura, Satoru Tanaka, Teruo Yamawaki, Hidekazu Yamamoto , Takashi Sano, Minemori Sato, Hisashi Nakahara, Naoki Uchida, Shuichiro Hori, and Haruo Sato
Temporal changes in seismic velocity of the crust around Iwate volcano, Japan, as inferred from analyses of repeated active seismic experiment data from 1998 to 2003, Earth Planets Space, Vol.57, No. 6, pp. 491-505, 2005
2007 第08号 下司信夫・小林哲夫 下司信夫・小林哲夫
鹿児島県口永良部島火山最近3万年間の噴火活動, 火山,第51巻,第1号, 1-20., 2006
2007 第09号 山田 耕 ほか Kou YAMADA, Hiroyuki Emori and Kiyoshi Nakazawa
Bubble expansion rates in viscous compressible liquid, Earth Planets Space, Vol.58, pp. 865-872, 2006
2009 第10号 安井真也ほか 安井真也・高橋正樹・石原和弘・味喜大介
桜島火山大正噴火の噴火様式とその時間変化,火山,第52巻,,第3号, 161-186., 2007
2009 第11号 Sri HIDAYATIほか Sri HIDAYATI, Kazuhiro ISHIHARA and Masato IGUCHI
Volcano -tectonic earthquakes during the stage of magma accumulation at the Aira Caldera, southern Kyushu, Japan. Bulletin of the Volcanological Society of Japan, 52,No.6., 289-309., 2007
2010 第12号 立尾有騎・井口正人 Yuki TATEO and Masato IGUCHI
桜島におけるBL型地震群発活動に伴う地盤変動. 火山,第54巻,第4号, 175-186, 2009
2011 第13号 田中宏幸ほか Hiroyuki K. M. Tanaka, Tomohisa Uchida, Manobu Tanaka, Hiroshi Shinohara, and Hideaki Taira
Development of a portable assembly-type cosmic-ray muon module for measuring the density structure of a column of magma .Earth Planets Space, 62, 119-129. 2010
2012 第14号 小園誠史・小屋口剛博 Tomofumi Kozono,Takehiro Koyaguchi
A simple formula for calculating porosity of magma in volcanic conduits during dome-forming eruptions. structure of a column of magma .Earth, Planets and Space, 62, 483-488. 2010
2013 第15号 及川輝樹ほか Teruki Oikawa,Masaaki Tsutsui,Yasuhiro Daigaku,Jun-ichi Itoh
文献史料に基づく江戸期における霧島火山新燃岳の噴火活動,火山,第57巻,第4号, 199-218. 2012
2014 第16号 津久井雅志 MasashiTsukui
浅間火山天明噴火:遠隔地の史料から明らかになった降灰分布と活動推移火山,第56巻,第2-3号, 65-87. 2011
2014 第17号 山本圭吾ほか KeigoYamamoto,TadaomiSonoda,TetsuroTakayama,Nobuo Ichikawa, Takahiro Ohkura,Shin Yoshikawa, Hiroyuki Inoue,Takeshi Matsushima, Kazunari Uchida, and Manami Nakamoto
Vertical Ground Deformation Associated with the Volcanic Activity of Sakurajima Volcano, Japan during 1996 - 2010 as Revealed by Repeated Precise Leveling Surveys火山,第58巻,第1号, 137-151. 2013
2015 第18号 伊藤順一ほか 伊藤順一,星住英夫,川辺禎久
最近5000年間の九重火山における水蒸気噴火の発生履歴. 火山,第59巻, 第4号, 241-254. 2014
2015 第19号 中尾 茂ほか Shigeru Nakao,Yuichi Morita,Hiroshi Yakiwara,Jun Oikawa, Hideki Ueda,Hiroaki Takahashi, Yusaku Ohta,Takeshi Matsushima,and Masato Iguchi,
Volume change of the magma reservoir relating to the 2011 Kirishima Shinmoe-dake eruption-Charging, discharging and recharging process inferred from GPS measurements recharging process inferred from GPS measurements. Earth, Planets and Space, 65, 505-515. 2013
2016 第20号 安田 敦ほか 安田敦,吉本充宏,藤井敏嗣
姶良火砕噴火のマグマだまり深度 火山,第60巻, 第3号, 381-397. 2015
2016 第21号 加藤愛太郎ほか 加藤愛太郎,寺川寿子,山中佳子,前田裕太,堀川信一郎,松廣健二郎,奥田隆
Preparatory and precursory processes leading up to the 2014 phreatic eruption of Mount Ontake, Japan. Earth, Planets and Space, 2015, Vol.67:111, doi:10.1186/s40623-015-0288-x
2017 第22号 前野 深ほか 前野深,中田節也,及川輝樹,吉本充宏,小森次郎,石塚吉浩,竹下欣宏,嶋野岳人,金子隆之,長井雅史
Reconstruction of a phreatic eruption on 27 September 2014 at Ontake volcano, central Japan, based on proximal pyroclastic density current and fallout deposits. EPS, 2016, Vol.68:82, doi:10.1186/s40623-016-0449-6
2018 第23号 金子隆之ほか 金子隆之,前野深,中田節也
2014 Mount Ontake eruption: Characteristics of the phreatic eruption as inferred from aerial observations. EPS, 68, DOI 10:1186/s40623-016-0452-y

日本火山学会学生優秀論文賞

年度 番号 氏名 論文名
2017 第01号 山田大志 Yamada, T., H. Aoyama, T. Nishimura, M. Iguchi, and M. Hendrasto
Volcanic eruption volume flux estimations from very long period infrasound signals,(Geophys. Res. Lett., 2017, 44, 143-151,doi:10.1002/2016gl071047)
2017 第02号 関香織 Seki, K., Kanda, W., Tanbo, T., Ohba, T., Ogawa, Y., Takakura, S., Nogami, K., Ushioda, M., Suzuki, A., Saito, Z., Matsunaga, Y.
Resistivity structure and geochemistry of the Jigokudani Valley hydrothermal system, Mt. Tateyama, Japan (J. Volcanol. Geotherm. Res., 2016, 325, 15-26, doi:10.1016/j.jvolgeores.2016.06.010)
2018 第03号 高野智也 Tomoya Takano, Takeshi, Nishimura, Hisashi Nakahara, Yusaku Ohta and Sachiko Tanaka
Seismic velocity changes caused by the Earth tide: Ambient noise correlation analyses of small-array data, (Geophysical Res. Lett., 2014,41, 6131-6136, DOI10.1002/2014GL060690.)
Tomoya Takano, Takeshi Nishimura, Hisashi Nakahara (2017)
Seismic velocity changes concentrated at the shallow structure as inferred from correlation analyses of ambient noise during volcano deformation at Izu-Oshima, Japan,(J.Geophys Res. 2017,122, 6721-6736, DOI: 10.1002/2017JB014340.)

日本火山学会学生優秀口頭発表賞

年度 番号 氏名 発表題目
2016 第01号 有賀貴史 斑晶鉱物の組成累帯構造から探る富士火山宝永噴火の噴火過程
2016 第02号 天野大和 富士火山宝永噴火の玄武岩質マグマ上昇過程: 斜長石マイクロライトからの制約
2017 第03号 大野鷹士 火山噴煙中の二酸化炭素のδ18O・水素分子のδD測定による噴気温度および火山ガス由来の水のδD・δ18O推定の試み
2017 第04号 杉村俊輔 2015年6月の臨時観測によるストロンボリ火山の噴火地震のメカニズム推定
2017 第05号 菅野拓矢 富士火山, 2500年前のS-18サブプリニー式噴火のプレ噴火プロセス

日本火山学会学生優秀ポスター発表賞

年度 番号 氏名 発表題目
2016 第01号 柳澤妙佳 秋田駒ケ岳火山,主成層火山形成期のTH・CAマグマの組成変化
2016 第02号 杉村俊輔 2015年6月の臨時観測によるストロンボリ火山の噴火地震の相対震源決定(2)
2016 第03号 菅野洋 連続スラグ流実験で計測される特徴的空気振動波形 ~非周期性の解明に向けて
2017 第04号 藤原寛 14万年前以降の白山火山群の形成史
2017 第05号 大橋正俊 膨張と合体を考慮した気泡サイズ分布時間発展の数学的な取り扱い
TOP
Copyright (c) The Volcanological Society of Japan All Rights Reserved.