火山学会サイト内検索 (by Google)
English version is here

特定非営利活動法人

日本火山学会

The Volcanological Society of Japan

▼ 新着情報
八丈島地熱巡検「再生可能エネルギーと地質学」のお知らせ(Update 2017/9/5)
「女子大学院生・ポスドクと産総研女性研究者との懇談会 in 名古屋」のご案内(Update 2017/8/4)
2017年度秋季大会のお知らせ(Update 2017/6/12)
Earth, Planets and Space 水蒸気噴火特集号の原稿募集(Update 2017/4/14)
イタリア火山学会2017年サマースクール 〜大学院生および若手研究者向け〜の案内(Update 2017/4/14)
2018年度・地震火山こどもサマースクール開催地募集(Update 2017/1/20)
2017年秋季大会のお知らせ(Update 2016/10/19)
研究助成・公募情報 (Update 2017/9/1)
「火山」投稿サイト

▼ 会員向け情報
■ 学会からのお知らせ
2017年度秋季大会のお知らせ
日本火山学会2017年度秋季大会は,熊本市の熊本大学黒髪南キャンパスで開催されます.
今大会では,9月21日〜23日の学術講演会のほか,9月24日には一般公開のシンポジウムや子供向け公開講座が開催されます.また学術講演会の前後には、阿蘇火山中岳火口周辺と九重・伽藍・由布火山での現地討論会が予定されています.
なお,学術講演会では通常セッションに加え,今回は公募により5つのセッションが提案されました.

詳細は2017年秋季大会HPをご覧ください.

http://www.kazan.or.jp/doc/kazan2017/

2018年度・地震火山こどもサマースクール開催地募集
日本火山学会が、日本地震学会、日本地質学会と毎年夏に共同で開催している小学生〜高校生を対象とした「地震火山こどもサマースクール」の2018年開催地を募集しております。詳しくはリンク(幹事学会の日本地震学会のページにジャンプします)。

http://www.zisin.jp/modules/pico/index.php?content_id=3461
異動・就職等で住所変更が生じた会員およびその関係者の皆様
1.新年度に入り異動や大学卒業修了等に伴う住所変更が生じた会員の方は,事務局(kazan-gakkai@kazan.or.jp)まで,新住所,メールアドレス,所属,会誌配送先等を至急お届け下さい.
2.上記会員の同僚や指導教員等の関係者にあっては,重複があっても構いませんので,事務局まで氏名,異動先・連絡方法等(できるかぎりメールアドレス)をお知らせ下さい.  例年,年度代わりでの住所不明会員が急増する結果,会費未納額が急増し学会の財務運営・会員管理に多大な影響を与えますのでご協力をお願いします.
 なお,新住所等を登録される場合には会誌や名簿上ので非公開希望項目があれば同時にご連絡下さい.
年間行事予定表
国内外の火山学会関連の行事開催予定
研究助成・公募情報
火山学会関連の研究助成・公募情報

■ 学会誌「火山」
J-STAGEによるオンライン公開
Vol.36(1991)〜 最新号
(Vol.1(1957)から Vol.35(1990)は 2017年度内に公開予定です.)
「火山」索引
著者名又は表題中の文字列による「火山」の検索
「火山」へ投稿
電子投稿のページ
「火山」投稿規定 (2015年11月一部改訂)
投稿規定と投稿用紙のダウンロード

■ 秋季大会・講演予稿集
J-STAGEによるオンライン公開
最新号:2016年度・秋季大会講演予稿集

■ その他の定期刊行物
EPS
Earth, Planets and Space(火山学会も加わって出版している合同誌)
National Report
Reports on Volcanic Activities and Volcanological Studies in Japan for the Period from 1999 to 2002

■ 会員からのお知らせ
八丈島地熱巡検「再生可能エネルギーと地質学」のお知らせ
【日本地質学会関東支部】

主催 :日本地質学会関東支部

開催日 :2017年11月24日(金)〜25日(土)(雨天決行。交通機関欠航の場合は中止)

対象 :一般(学会員以外歓迎・地熱専門外の方向けの内容)

募集人数 :12〜20人

CPD単位:9単位

講師 :松山 一夫((株)地熱総合研究所、元東電設計株式会社)

費用:25,000円程度(宿泊費、マイクロバス代、保険代等)※航空券代は含みません。
見学予定内容(現地集合・現地解散)
11月24日 八丈島空港(集合:13:30) ⇒ 八丈島地熱館(発電所)、町営温泉井 ⇒ 宿舎(勉強会を予定)
11月25日 宿舎 ⇒ 町営温泉井、東山火山噴出物露頭、自然湧出泉、東山火山地形、爆裂火口、寄生火山 ⇒ 八丈島空港(解散:16:00)

申込方法:詳細を、関東支部ホームページ( http://kanto.geosociety.jp)でご確認の上、メールにて下記担当幹事にお申し込みください。
(航空券等は各自手配)

申込期限:10月31日(先着順) ※空路をご利用の方は10月中旬までを目安に、なるべく早く航空券をご手配ください
(関東支部ホームページに交通機関のご案内記載)。

問合せ・申込先:関東支部幹事 冨田一夫(とみたかずお)日鉄鉱コンサルタント(株)
メール tomita★nmconsults.co.jp(★を@に変えてください)
「女子大学院生・ポスドクと産総研女性研究者との懇談会 in 名古屋」のご案内
【産業技術総合研究所】

「女子大学院生・ポスドクと産総研女性研究者との懇談会 in 名古屋」のご案内
Laboratory Tours and Round Table Talk with Female Graduate Students and Women Researchers in AIST Chubu

日 時: 2017年9月25日(月)13:15 – 17:00
会 場: 産業技術総合研究所 中部センター OSL棟 連携会議場 
    (愛知県名古屋市守山区下志段味穴ケ洞2266-98)
対 象: 女子大学院生・ポスドク等
参加費: 無料(事前申込制・定員60名)
参加申込:下記URLをご参照の上、9月15日(金)までにメールにてお申し込み下さい。
https://unit.aist.go.jp/diversity/ja/event/170925_div_event.html

問い合わせ先:
産業技術総合研究所 ダイバーシティ推進室
e-mail: diversity-event-office-ml★aist.go.jp(★を@に変えてください。)
Earth, Planets and Space 水蒸気噴火特集号の原稿募集
このたび、日本火山学会も運営に参加している Earth, Planets and Space (EPS)誌で特集号
「Towards forecasting phreatic eruptions:
Examples from Hakone volcano and some global equivalents」
を企画致しました。

箱根火山では2015年にごく小規模な水蒸気噴火が発生しましたが、その前兆は2か月前ごろから観測され、事前に噴火警戒レベルがあげられるなど、適切な防災対応が行われました。
一般に、水蒸気噴火は前兆を捉えることが難しいとされていますが、今回の事例は、精密な観測が行われれば、噴火予測が可能ではないかという期待を抱かせます。

本特集号は、箱根火山の今回の噴火や、類似の火山の噴火事例、研究事例をまとめて、水蒸気爆発をおこす火山のモニタリングや、噴火災害の軽減に資することを目的としています。

水蒸気噴火や、ごく小規模なマグマ噴火の観測・メカニズムに関する研究、合成開口レーダーやドローンなど最近注目されている技術を用いた火山観測、水蒸気噴火の原動力となる熱水システムの挙動に関する研究、地質調査による小規模噴火の噴火履歴解明などの原稿も歓迎致します。

本特集号ではゲストエディターとして海外から精力的な研究を展開している3名をお迎えするなど、しっかりとしたレビューの体制を整えております。

是非この機会をお見逃し無く、論文投稿をされるよう期待しております。

投稿のご検討に際して、ご質問やご意見がありましたら、何でも結構ですので特集号編集長の萬年までお申し出下さい。

○ 締切 2017年9月30日

○ 特集号編集委員
萬年一剛(神奈川県温泉地学研究所)
Diana Roman (Carnegie Institution for Science, Washington)
Graham Leonard (GNS Science, NZ)
Stephanie Prejean (USAID-USGS Volcano Disaster Assistance Program, Alaska)
中川光弘(北海道大学)

○ ホームページ
https://earth-planets-space.springeropen.com/hkn

○ 本特集号に関するお問い合わせ先
萬年 mannen★onken.odawara.kanagawa.jp(★を@に変えてください)
イタリア火山学会2017年サマースクール 〜大学院生および若手研究者向け〜の案内
会期:2017年9月24日(夜までに集合)〜29日(午後解散)

場所:イタリア北部 ボルツァーノ (Bolzano:46°29'53.86"N; 11°21'17.13"E)

トピック:巨大カルデラシステムのマグマ供給系、大規模噴火準備過程や噴火中におけるマグマの状態、など.

内容:2日間の講義および実習、3日間のペルム紀Oraカルデラの大規模火砕流堆積物のフィールドワーク

費用:550ユーロ(宿泊および会期中の食事・移動を含む.現地までの交通費は含まない).日本火山学会との協力覚書により、火山学会会員の学生は10%の割引あり.

申し込み方法及び締切:4月中に、参加希望者は主催者Guido Giordano氏( guido.giordano★uniroma3.it )までメールで連絡.最終締め切りは5月15日(予定).
First Circularはこちら(PDF)
http://www.aivulc.it/download/scuole/bolzano2017/AIV_school_Bolzano_2017.pdf

詳しくは以下のイタリア火山学会HPをご覧ください.
 http://www.aivulc.it/en/

<<
▼ 一般向け情報
■ 学会からのお知らせ
火山学会のFacebookページへ

パンフレット「安全に火山を楽しむために」(こども版)の発行(Update 2016/10/26)
日本火山学会では、一般の登山愛好家の皆様に知って頂きたい火山の知識をまとめた、「安全に火山を楽しむために」を発行致しましたが、このたび、その「こども版」を作成しました。「こども版」とはいえ、おとなが読んでも面白くわかりやすい内容となっております。
下記リンクからダウンロードしてください。内容を改変しない限り複製、配布は自由です。
広告などを付加して配布したい場合は、火山学会事務局までお問い合わせください。

 安全に火山を楽しむために(こども版:5.3MB)

※本パンフレットに対する感想、ご意見、および報道関係の問い合わせは火山防災委員会パンフレット担当にお願いします(myoshi@mfri.pref.yamanashi.jp)


パンフレット「安全に火山を楽しむために」の発行(Update 2015/9/27)
日本火山学会では、一般の登山愛好家の皆様に知って頂きたい火山の知識をまとめた、「安全に火山を楽しむために」を発行致しました。
下記リンクからダウンロードしてください。内容を改変しない限り複製、配布は自由です。
広告などを付加して配布したい場合は、火山学会事務局までお問い合わせください。

 安全に火山を楽しむために(低解像度版、3.4MB)

 安全に火山を楽しむために(高解像度版、26.9MB)

※本パンフレットに対する感想、ご意見、および報道関係の問い合わせは火山防災委員会パンフレット担当にお願いします(myoshi@mfri.pref.yamanashi.jp)


「富士火山(改訂版)」490p ISBN 978-4-9905362-0-6
29編の科学論文を収録。編集:富士火山編集委員会(日本火山学会)
発行:火山学会 2011年3月発行
定価6,000円(火山学会員4200円,学生会員2100円)
※送料別
問い合わせ注文:日本火山学会事務局 Tel/Fax 03-3813-7421 Email: kazan-gakkai@kazan.or.jp
拡大表示する

■ 過去の催し物のホームページへのリンク
第23回公開講座テキスト「親子で噴火実験 ザ・富士山〜マグマ体験〜」(2016年)【PDF 10MB】

一般普及講座「ザ・富士山を知る!!」テキスト(2016年)【PDF 1.7 MB】

第22回公開講座「噴火から身を守ろう」テキスト(2015年)

火山防災シンポジウム「御嶽山噴火から1年〜イザに備えた火山学入門」テキスト(2015年)

第21回公開講座「九州の火山と地熱を知ろう」テキスト(2014年)

第20回公開講座「火山学者と火山をつくろう 姿を変える磐梯山の秘密」テキスト(2013年)

第19回公開講座「火山学者と火山をつくろう 火山の音の実験教室」テキスト(2012年)

第18回公開講座「火山学者と火山をつくろう in 旭川」テキスト(2011年)

第16回公開講座「火山学者と火山をつくろう in 箱根・小田原」テキスト(2009年)

公開講座 火山防災シンポジウム予稿集(2009年〜2015年)

公開講座 ジオパークシンポジウム予稿集(2013年)

公開講座テキスト集(1996年〜2004年)

地震火山こどもサマースクール(1999〜)
 

■ 会員からのお知らせ
▼ 出版物案内
学会誌「火山」バックナンバー,秋季大会講演予稿集などの購入はこちらから
▼ NPO法人日本火山学会について
設立趣旨・目的
入会方法
会員動向など
組織及び定款・規約類
学会賞の歴代受賞者
ロゴ
連絡先等
▼ 団体会員 (五十音順)
阿蘇火山博物館 伊豆大島火山博物館 株式会社イチネンジコー
鬼押出し浅間園浅間火山博物館 株式会社近計システム 九州電力株式会社
国際航業株式会社 砂防・地すべり技術センター 株式会社四国総合研究所
住鉱資源開発株式会社 損害保険料率算出機構 ダイヤコンサルタント
地熱エンジニアリング株式会社 西日本技術開発株式会社 白山工業株式会社
箱根ジオミュージアム 株式会社阪神コンサルタンツ 磐梯山噴火記念館
日立造船株式会社 株式会社ミツトヨ
▼ リンク
IAVCEI 2013 Scientific Assembly (国際火山学地球内部化学協会2013年学術総会)
日本の火山噴火に関する最新情報(英文)(東大地震研火山センター)
世界の火山噴火に関する最新情報,火山研究情報,会員のページ(東大地震研火山センター))
IAVCEI(英文):国際火山学地球内部化学協会 )
全国の地球科学関係(研究所,教室,学会)(東大地震研究所へリンク)

このホームページについて,あなたのご意見ご感想をおよせください.
また,ここに掲載している文書/写真を使用する場合は学会事務局まで必ず連絡下さい

Copyright (C) 1997-2014, The Volcanological Society of Japan. All rights reserved
kazan-gakkai@kazan.or.jp