English
会員ログイン
ロゴ


研究集会「地球表層における重力流のダイナミクス」のご案内(11/19オンライン開催)


地球表層での様々な重力流現象(火砕流,土石流,混濁流,雪崩,洪水流,河川流,津波遡上,地滑りなど)の統一的理解及び分野間の交流の活性化を目的として,下記の研究集会をオンライン開催いたします.

ご興味ございます方は下記フォームから参加登録の上,是非ご参加よろしくお願いします.
zoom接続のため参加者数には上限がございます.上限を超えた場合は先着順とさせていただくことを了承願います.

また,参加登録は11月18日17時までとさせていただきます.どうぞよろしくお願いいたします.

分野横断型研究集会「地球表層における重力流のダイナミクス」
日時:2021年11月19日(金)13:00-18:10
開催場所:オンライン(参加無料,zoom)
研究会HP:https://sites.google.com/view/gravity-current2021
参加登録フォーム: https://forms.gle/CkuU8FaetFwWjy5s9

講演内容:
・「重力流の浅水波理論と実験に基づく火砕流ダイナミクスの二層数値モデルの開発」志水宏行(防災科研)
・「雪崩モデルを用いた確率論的ハザードマップ作成に関する研究」田邊章洋(防災科研)
・「進行性崩壊による天然ダム決壊過程に関する研究」高山翔揮(静岡大学)
・「降雨データを元にした土石流シミュレーションと発生場の影響評価」山野井一輝(京大防災研)
・「海底土石流の流れの遷移 -二層浅水流モデルに基づく混濁流生成メカニズムの検討-」酒井佑一(京都大学)
・「機械学習を用いた混濁流逆解析手法の実験的検証」蔡之榕(京都大学)
・「土佐ばえ北部の海底地すべりを仮定した非静水圧有の二層流モデル津波計算」黒住将弘(徳島大学)
・「宮城県仙台平野における津波堆積物の再現解析  -2011年東北沖地震の事例と今後の課題-」楠本聡(海洋研究開発機構)
注)発表者のみを掲載しています.共著者等の詳細はHPをご参照ください.

世話人

・志水 宏行(防災科学技術研究所 火山研究推進センター)

・酒井 佑一(京都大学大学院 理学研究科 地球惑星科学専攻)

・田邊 章洋(防災科学技術研究所 雪氷防災研究部門)
戻る
TOP
Copyright (c) The Volcanological Society of Japan All Rights Reserved.