English
会員ログイン
ロゴ

講演会「霧島火山と共に(2011年新燃岳噴火の教訓を活かす)」

【公益社団法人土木学会 地盤工学委員会 火山工学研究小委員会】

日時 平成30年6月16日(土) 13時~16時15分
場所 霧島市国分公民館
定員 70名程度,入場無料

プログラム
基調講演
「霧島火山の形成史,特に最近1万年間の噴火の特徴と防災対応」
鹿児島大学名誉教授 小林哲夫
話題提供
1 霧島山の火山活動状況  鹿児島地方気象台地震津波火山防災情報調整官 鳥巣啓多
2 火山活動と土砂災害    鹿児島大学農学部生物環境学会教授     地頭薗 隆
3 噴火後の土砂災害備えた対応 宮崎大学農学部森林緑地環境科学科教授  清水 収
4 噴火時の住民や観光客等の避難  社会安全研究所応急災害対策研究部長 福井敏夫

参加申し込み
所属・氏名を記載し、メールにてお申し込みください.
火山工学研究小委員会事務局 a5672★n-koei.co.jp(★を@に変えてください.)

詳細はこちらをご覧ください.
戻る
TOP
Copyright (c) The Volcanological Society of Japan All Rights Reserved.