English
会員ログイン
ロゴ

平成30年度気象研究所研究成果発表会 ~気象業務を支える研究の最前線~


日時 :11月10日(土)13時30分から16時30分 (開場:13時)
場所 :一橋大学一橋講堂 (最寄駅: 東京メトロ神保町駅、竹橋駅)
題目 :
(1) 気象業務を支える研究の最前線 隈 健一 (気象研究所長)
(2) 台風・集中豪雨研究の現状と課題
1.平成30年台風第21号による強風・高潮(速報) 高野 洋雄 (海洋・地球化学研究部)/嶋田 宇大 (台風研究部)
2.平成30年7月豪雨の局地的な特徴 清野 直子(予報研究部)
3.地球温暖化で変わりつつある日本の豪雨 川瀬 宏明(環境・応用気象研究部)
(3) 次世代の火山監視 佐藤 英一 (火山研究部)
(4) 日本を取り巻く海の詳細な把握に向け 碓氷 典久(海洋・地球化学研究部)

司会 : 鈴江 奈々(日本テレビアナウンサー)

その他:
入場料無料、事前申込制(先着定員400名)。下記URLより参加登録を行って下さい。
http://www.mri-jma.go.jp/Topics/H30/301110/Happyoukai2018.html

※気象研究所研究成果発表会とは、「研究成果の社会への還元」の観点から広く国民の
皆様方に当所の研究開発をご理解いただくため、毎年度、開催している発表会のこと。
戻る
TOP
Copyright (c) The Volcanological Society of Japan All Rights Reserved.