English
会員ログイン
ロゴ


2023年度日本火山学会各賞候補者の公募


  特定非営利活動法人日本火山学会
  会長  藤田 英輔

特定非営利活動法人日本火山学会では,2023年度の各賞の候補者を公募します.下記の公募要領に従って,是非ご応募下さい.なお,日本火山学会論文賞については公募による選考を行いません.

表彰対象の賞

〇公募による
1.日本火山学会賞
日本の火山学の発展に対し長年において特段の貢献のあった個人または団体.非会員も対象.

2.日本火山学会普及啓発賞
日本の火山学の普及啓発に対し優れた貢献のあった個人または団体.非会員も対象.

3.日本火山学会優秀学術賞
直近数年間において火山学に関する優れた学術貢献のあった本会会員.

4.日本火山学会研究奨励賞
火山学に関する優れた論文を発表し,将来,火山学の発展への貢献が期待される35歳以下の本会会員(受賞対象年の4月1日で35 歳以下の者)に授与する.ただし,出産・育児・介護・病気等のため研究から離れた期間がある会員については、公募・審査の際にその期間を考慮する.

5.日本火山学会学生優秀論文賞
火山学に関する独創的で特に優れた論文を,投稿時点において学生として筆頭執筆した本会会員.2023年度の対象論文は前3年(2020-2022年)に受理されたもの.

※学術雑誌への論文投稿時に筆頭著者が学生で,過去に本論文賞の受賞歴がない,という条件を満たせば,どなたでも応募できます.対象とする学術雑誌を限定しておりません.全ての雑誌が対象です.
論文がどのような観点から受賞に値するかを記した推薦文あるいは宣伝文と,論文が共著の場合,著者が研究のどの部分に貢献したのかを書いてください.

〇公募なし(各賞選考委員会で選考)
6. 日本火山学会論文賞
雑誌「火山」あるいは「Earth, Planets and Space」に掲載された論文中,火山学に関する独創的で特に優れた論文の著者.2023年度の対象論文は前3年(2020-2022年)に出版されたもの. ただし,論文筆頭著者として本論文賞を受賞できるのは1回限りです.

選考方法と受賞等
・各賞選考委員会が上記6賞受賞候補者の選考を行い,理事会において決定します.

・2023年5月に開催される総会(日本地球惑星科学連合2023年大会の期間中に開催された場合)において賞状の授与を行います.

・日本火山学会賞,同普及啓発賞,同優秀学術賞,同研究奨励賞の受賞者には秋季大会での記念講演と受賞対象となった研究課題に関連する論文(レビュー論文)の「火山」への投稿をお願いします.

・詳しくは日本火山学会表彰規程を参照.
   http://www.kazan.or.jp/J/doc/kiyaku/hyousyou20221107.pdf
  ※本年度,表彰規定が更新されています:

研究奨励賞の対象年齢について,ライフイベントを考慮した柔軟な運用に変更となりました.
学生優秀論文賞は「受理」の段階で対象にとなることを明記しました.

応募方法と締め切り
・応募は推薦によるものとします.自薦,他薦は問いません.
・推薦者は非会員であっても構いません.
・下記の「推薦に必要な資料」を火山学会事務局までお送り下さい.
・締め切り 2023年3月1日(水)必着

推薦に必要な資料
日本火山学会賞,同普及啓発賞,同優秀学術賞,同研究奨励賞および同学生優秀論文賞の推薦には,以下の資料が必要です.

1.申請書類(様式は自由です)
(1) 推薦対象の賞名

(2) 被推薦者の氏名,連絡先等
個人の場合:氏名,生年月日,所属,連絡先,電子メールアドレス
団体の場合:団体名,連絡先,代表者名とその連絡先,電子メールアドレス

(3) 被推薦者が個人の場合は,学歴,職歴,研究・活動歴,団体の場合は活動歴.

(4) 自薦,他薦の別
他薦の場合は,推薦者の氏名,所属,連絡先,電子メールアドレス,被推薦者との関係.自薦の場合は,本人の研究活動(日本火山学会賞においては火山学への貢献,同普及啓発賞においては火山学の普及啓発に対する貢献)を熟知する照会者の氏名,所属,連絡先,電子メールアドレス.推薦者や照会者は複数であることが望ましい.

(5) 受賞対象となる論文名,研究課題名あるいは貢献活動名(研究課題名,貢献活動名の場合は40字以内)

(6) 推薦理由
・1000字以内で推薦の理由を記述する.特に,被推薦者の研究・貢献活動の火山学における重要性(もしくは評価されるべき点)をできるだけ具体的に記述すること.
・研究奨励賞,優秀学術賞,学生優秀論文賞においては,対象となる論文(複数可)も明記すること.
・学会賞および普及啓発賞においては,被推薦者の活動に関して,日本の火山学の発展への貢献度や社会的な位置づけについても簡潔に記述すること.

(7) 主要な業績あるいは活動のリスト(学生優秀論文賞は除く)
・最近のものから通し番号を付して記述すること.
・主要な業績については,それぞれの内容と火山学的位置づけを250字以内で解説すること.

(8) 被推薦者の承諾書等
・被推薦者が個人の場合は本人が,団体の場合は団体代表者が,電子メールで事務局に直接承諾書を添付して送信すること.自薦の場合は不要.
・被推薦者の研究活動の火山学における位置づけ(研究奨励賞に限る).本人が500字以内で必ず記述すること.

2.参考資料
・選考のために参考となる客観的資料があれば添付すること.

推薦に必要な資料の提出
電子メールに添付(pdf等)して,必ずsubjectに「(上記の賞の名前)申請」(例えば,「研究奨励賞申請」)と明記して,火山学会事務局へ送信して下さい.

提出先:日本火山学会事務局
e-mail:kazan-gakkai @ kazan.or.jp

問い合わせ先
各賞選考委員会委員長 市原美恵(東京大学地震研究所)
e-mail: ichihara★eri.u-tokyo.ac.jp(★を@に変えてください)

選考委員(各賞選考委員会)
 金子克哉, 篠原宏志, 中野 優, 福井敬一, 松島喜雄, 萬年一剛
戻る
TOP
Copyright (c) The Volcanological Society of Japan All Rights Reserved.