English
会員ログイン
ロゴ


シンポジウム開催のご案内【産業技術総合研究所・2月10日】


産総研・地質調査総合センターでは、2月に下記シンポジウムの開催を予定しております。
皆さま、奮ってご参加いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

タイトル:第35回地質調査総合センターシンポジウム
    「ゼロエミッション社会実現に向けたCCSにおける産総研の取り組み」
日 時:2022年2月10日(木)13:00~17:15(配信開始 12:30を予定)
会 場:オンライン開催
趣 旨:
世界的な社会課題の一つである脱炭素社会の実現において、二酸化炭素地中貯留は重要な役割を担っています。地質調査総合センター地圏資源環境研究部門では、産総研第5期中長期計画におけるミッション、①社会課題の解決に向けたイノベーションの主導、②経済成長・産業競争力の強化に向けた橋渡しの拡充、③イノベーション・エコシステムを支える基盤的研究、領域横断的な標準化活動及び知的基盤整備を実施して参りました。
本シンポジウムでは、貯留した二酸化炭素の低コストでのモニタリング技術、水理-力学連成解析技術、地化学反応速度測定技術等を中心に、招待講演を交えて最新の研究動向を報告します。また、ポスター発表では二酸化炭素地中貯留以外の研究動向についても発信し、「我々を一層知っていただく」ことを通じて外部連携の強化を目指します。

定 員:500名(事前登録制)
参加費:無料
参加申込:2月4日(金)17時までに、以下のリンクからお申し込みください。
https://unit.aist.go.jp/georesenv/

CPD:4単位(希望される方は,参加申込フォームで「希望する」をご選択ください)
主 催:(国研)産業技術総合研究所 地質調査総合センター
共 催:産業技術連携推進会議 環境・エネルギー部会 地圏環境分科会
詳 細:https://www.gsj.jp/researches/gsj-symposium/sympo35/index.html

プログラム
13:00-13:05 開催挨拶 相馬宣和氏(産総研)
13:05-13:30 地圏資源環境研究部門 部門紹介 今泉博之氏(産総研)
13:30-14:10 産総研におけるCO2の地中貯留および鉱物化に関する研究開発の課題と展望 徂徠正夫氏(産総研)
14:10-14:55 【招待講演】苫小牧CCS実証試験を通じたCO2貯留技術に関する考察 萩原利幸氏(日本CCS調査(株))
14:55-15:40 ポスターセッション
15:40-16:10 CO2地中貯留における水理/力学的視点からの軟岩の特性評価 藤井孝志氏(産総研)
16:10-16:40 重力・自然電位を用いた低コストモニタリング技術の開発 堀川卓哉氏(産総研)
16:40-17:10 地球物理シミュレーションと貯留層モニタリング設計 加野友紀氏(産総研)
17:10-17:15 閉会挨拶 中尾信典氏(産総研)

お問い合わせ:
地質調査総合センター 第35回GSJシンポジウム事務局
〒305-8567 つくば市東1-1-1(中央第7)
Eメール:M-gsj-symposium35-ml★aist.go.jp(★を@に変えてください)
戻る
TOP
Copyright (c) The Volcanological Society of Japan All Rights Reserved.